チャンピックスは飲むタイプの禁煙補助剤です。なんと92%以上もの方が禁煙に成功しているという実績もある薬なんです。ニコレットを試して一度失敗してしまった方もこのチャンピックスで今度こそ禁煙を成功させましょう!

  • ホーム
  • チャンピックスの正しい服用方法とは

チャンピックスの正しい服用方法とは

水のグラスと薬

チャンピックスは医療用医薬品のため、正しい方法で服用しなければ副作用や効果が十分に発揮されず禁煙が失敗することもあるため注意が必要です。
ニコチン置換療法とは異なり、服用開始前から1週間はタバコを吸っても問題ないという特徴があるため、禁煙を開始したからといって突然タバコをやめる必要もありません。
チャンピックスは禁煙を開始する1週間前から服用を開始し、服用量を変更しながら体に馴染ませていくのが正しい方法となります。
禁煙外来で処方された場合は、用量別にチャンピックスが処方されるので、医師の指導の下で飲んでいくことになります。
1~3日間は体に馴染ませるため、0.5mgの錠剤を1日1回食後に服用します。
時間は関係ありませんが、朝食後に飲んだら、翌日も朝食後に飲むなど24時間の間隔を空けて飲むようにしましょう。
服用する際は、お茶や牛乳などでは吸収を阻害されることもあるので、必ず水かぬるま湯で飲みます。
4~7日目は0.5mgの錠剤を1日2回に増やし、朝食と夕食後に飲みます。
この時点ではまだタバコを吸うことができるので、喫煙したい欲求があれば無理に抑制しなくても問題はありません。
ただし、タバコを吸っていても美味しくないと感じたら、無理に吸わずに禁煙を開始しても良いでしょう。
禁煙は8日目から開始し、この日からはタバコを持たずに生活をすることになります。
チャンピックスの服用量も8日目から本格的に行うことになっていて、1mgの錠剤を1日2回、朝食と夕食の後に飲むようにします。
これを11週間継続して続けることで、タバコから離れて禁煙が完了することになります。
チャンピックスはタバコを吸いたいという欲求を抑え、離脱症状を軽減してくれる作用があるので、正しく使用すれば禁煙が成功するようになっています。

人気記事一覧